FC2ブログ
ここは横浜のとあるビルに入っている
ライブレストラン。

私よりだいぶ先輩っぽい50から60代が中心で、
静かに食事をしています。
そしてアーティストがステージに立ち、
ドラムのカウント後にホーンセクションの
豪華な音とともにノリノリの
ディスコナンバーが会場を包み込む。。

今まで、飲んだり食べたりしていた
50、60のお兄さん、お姉さんが、
一斉にステージ前に移動し、
かつては、これでブイブイ
言わせたであろうステップを踏み、
一曲目から大盛り上がり!!

気が付いたらシャイな私も踊り出していた。。。
めっちゃくちゃ楽しい!

こんにちは。
ディスコクイーン&キングに圧倒されていた
白樺ホーム職員のSです。 

今回のテーマは一体感。
好きなアーティストのライブはもちろんそれだけで
、楽しいもんですが、アーティストと一体感を
感じられると、もっと楽しいもんです。

上記のライブハウスのアーティストは、
ステージの後に客席までやってきて、
お客と話をしたり、MCでお客と掛け合いをしたり、
とことんお客さんと関わります。

彼らは、お客さんを巻き込み、
お客はそういうのもうれしくて、
一体感を味わいます。
もちろんアーティストも
お客さんとの一体感を感じられると、すごく嬉しい。

この一体感って、私の経験上、
年齢は関係ないようです。
ウクレレを伴奏して、ご利用者様に
なじみのある昔の歌を歌うアクティビティを
しょっちゅうやっています。
(ほとんどこれしかやってないけど。)
このアクティビティ、結構人気があるんです。

私もごご利用者様も歌って、みんなで盛り上がります。
アクが終わると、「次はいつやるの?」
なんて聞かれるくらい。

歌を歌う機会なんてあんまりないし、
一人で歌うのもなんだか恥ずかしい。
みんなで歌うから大きな声で歌える。
ってのも人気がある理由の一つかもしれませんが、
その中に隠れた理由として、
一体感を感じられて楽しいってのも
実はあるんじゃないかな。

このご利用者様との一体感をベースに
考えながら体操やアクティビティをやれば、
きっと盛り上がるでしょうね。
職員も楽しいと思います。

さらに考えると、ユニットのマネジメント、
施設のマネジメントにまで生かせるかなあ。

そろそろ新しい曲考えよ。。
この曲決めが実は肝なんですよ。
その話は、長くなるのでまた今度!!

Let' s groove!
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/942-18aeb93f