FC2ブログ
先日の出来事。
その日の勤務は朝7時からの早番。
だんだん季節もあったかくなり、というか暑くなり、
バイク(といっても50cc)での通勤も
苦にならない季節。

その日も私の第2の愛車ヴェルデにまたがり、
自宅を6時過ぎに出発。鼻歌交じりに10分ほど走り、
交差点を右折した直後、
鈍い衝撃とともにバイクの後輪が
ニブニブニという情けない音が。。。

それと同時にまっすぐ走れなくなり、
お尻(バイクの)が左右に振られました。

おお!ヤバイ!と思い、道端に止まり後
ろのタイヤを確認すると、
思った通り、タイヤの空気が抜けて、
タイヤがガバガバ。。。
いかん、このままじゃ、7時に間に合わない!
しかもバイクを押して歩いて自宅に行くとなると
10分以上かかっちゃう。。
ということで、ブニブニ言わせながら、
お尻を右、左に振りながら、
途中、真っ黒なBMWにクラクションならされながら、
なんとかバイクに乗りながらよたよた走り自宅に到着。

そして、第一の愛車に乗り換えて、
なんとか遅刻せず、白樺ホームに到着しました。

自宅と、白樺ホームのちょうど
半分くらいのところでこうなったらと思うとぞっとします。。

こんにちは。
まだパンク修理できていない白樺ホーム職員のSです。

ほかの仕事でもそうかもしれませんが、
上に書いたような臨機応変な対応。
↑上のエピソードが臨機応変って
言葉とチョイずれてるけど。

そういう対応が私たちの仕事には求められる場面が
いっぱいあります。
私たちの思うようなシナリオ通りに
いくことは多くありません。

思い通りにいかないことのほうが多いかも。
やっぱり人に接する仕事ですからね。

食事の準備をしてる時に、
トイレに向かう方。
エプロン外してトイレ介助。
その方がトイレに入ってる間
もう一回エプロン付けて、
食事の準備をしようかと思ったら、
そこでトイレからコールとか。。

お風呂に誘導して脱衣所で
今日は入りたくないとか。。

勤務する一日を通して、
私たちの思うようにことが
進むことはほとんどないかも。
でもいちいちイライラしないこと。
ご利用者様のペースに合わせて対応しましょう。

って言ってもねえ。
時々やっぱりイライラしちゃいますよね。
そういうときは、深呼吸したりして
気分を落ち着かせてみるのも一つ。

私は、この仕事に携わるこ
と数年になりますが、
予期せぬ出来事に対し、
案外冷静に受け止め
あんまりイライラしなくなりました。

娘がテーブルでいきなりお茶をこぼしたり、
ご飯を床に落としたりしても、
don't worry be happy!Take it easy!
的なノリでいることができます。

横で目がつりあがっちゃって、
カリカリ、イライラしているママをしり目にね。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/828-a42dfe81