FC2ブログ
最近娘はお手伝いがマイブーム。
母親がご飯を作っていると、
「自分もやる!」と言ってはやりたがり、
私が洗い物をしていれば、やりたがり、
いろんな場面で、家事のお手伝いをしたがります。

当然、働かざる者食うべからずですから、
どんどん積極的に行ってもらいます。

しかしですね、
3歳である彼女がまともにこなせるわけがなく、
料理では、散らかしてしまったり、
茶わんを落としてしまったり、
かえって時間がかかってしまいます。
でも、彼女の気持ちを尊重して、
いろんなことをやってもらいます。

様々なお手伝いをやらせるにつれて、
食事の準備(箸や、台拭きをテーブルに並べる作業)とか、
踏み台に乗って、炊飯器からご飯をよそる作業は、
いっちょまえになってきました。

自立支援みたい。。 

こんにちは。白樺ホーム職員のSです。
タイトルにあるチームワーク。これ、
どんな仕事に対しても大事なファクター。
チームワークが希薄だと、
その仕事はうまくはいきません。

逆にチームワークが良ければ、
面白いように仕事がうまくいきます。

チームでプレイするサッカーとか、
バスケなんかに例えれば、わかりやすいでしょう。

勝利とか、ゴール(仕事でいえば成功とかかな。)を
勝ち取るには、オフェンスとか、ディフェンス、
ゴールキーパーなど、プレイヤーに役割が割り当てられていて、
その役割の仕事をきっちり行うことが必要です。

それぞれのプレイヤーの特性に合わせて、
監督が役割を振り分けます。
その特性を最大限に生かして、ゲームに臨みます。

さて、私たちの仕事はどうかな。
ユニットというフィールドに、
ケアワーカーというプレイヤーたち。

上に記載したスポーツのように、
細かく役割を振り分けられてはいませんが、
ケアワーカーにもそれぞれ特性というか、
得意分野が必ずあります。

この人は、人当たりがいい、とか、
いつも元気で明るいとか、
すごく、ご利用者様のことを見ているとか、
ウクレレでアクティビティができるとか。。。

私のユニットには、
そんないろんな特性を持った
選手たちが所属しています。

リーダーである私は、選手兼監督みたいな感じかな。
”代打、オレ”←知る人ぞ知るフレーズ。。
みたいな感じです。
これがまた難しいんですよね。

ケアワーカーの特性をよくわかったうえで、
皆をまとめ、この仕事における
ゴールにみんなの目を向けさせないといかんのですから。

私の所属するユニットには、
いい人材が粒揃いだから、
ちゃんと私がまとめないと
私の責任になっちゃうから、
プレッシャー大です。
でもそれだけやりがいのあるユニットでもあるってこと。

ずいぶん、真面目なトピックスになっちゃいましたが、
たまにはいいか。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/814-f74afef6