FC2ブログ
私は字の美しい人を尊敬します。

文字はその人の人となりを写し出す
と言われますが、確かに。

だから、綺麗な字を書く人は、
第一印象とてもいい人に見えるし、
しっかりしている様に見えます。

所で私の字はというと、、。
バランス悪く、雑。。もっと落ち着いて書きなさいよ!
とよく指摘されます。

私は、ショートステイに所属しているので、
手書きの連絡帳を掻く機会があり、
もっと字が上手く書けたらなあ。
と思う今日この頃。

やっぱり今年こそ通信講座か。。
と思っている白樺ホーム職員のSです。

さて、先日、今年初の書道クラブがありまして、
そこで数々の傑作が生まれました。

数あるノミネート作品の中から、
栄えあるアワードに輝いた作品たちを
私の同僚であるデイビッド君の解説と共にどうぞ。


ベストかすれ賞

IMG_4208_R.jpg


デ:全体的にかすれさせるとはすばらしい。
  熟練の技です。書き始めからかすれているのに、
  躊躇なく最後まで書ききる心意気がナイス!

S:ここまでかすれていると、喉が渇いてきますねえ。

ベストCW賞

IMG_4209_R.jpg


デ:CWとは、ケアワーカーと言う意味ですね。
  小林さん、普段の字はミミズが這った様な独特な文字ですが、
  今回は守りに入りましたね。

S:見せつけましたね。彼もやる時はやるぜ的な。

ベストパワフル賞

IMG_4214_R.jpg


デ:この方は毎回参加されていて、
  常にパワフルな作品を作ります。
  普段のうがいも丁寧だし。

S:うがいは関係ないんじゃ。。

ベストのびーる賞

IMG_4213_R.jpg


デ:もちだけに丁寧なのびが美しいです。

S:書いている時の真剣な表情が目に浮かぶとか、
 浮かばないとか。

ベストポンタ賞

IMG_4215_R.jpg


デ:悪ふざけ感満載。しかし好きだ。

S:誰が書いたんでしょうね。
  ポンタとは、このポンタなのか、
  違うとしたらポン太って。

ベスト男前賞

IMG_4211_R.jpg


デ:個人的には私のフェイバリットな作品です。
  不器用なむき出しな感じがめっちゃ良い。
  男らしさがプンプンします。
  時計でいうとG-SHOCKみたいじゃね?

S:突然ため口になりましたね。。
  この書からG-SHOCKが思い浮かぶとは。
  確かにタフギアって感じがしてきます。

ベストシュール賞

IMG_4219_R.jpg


デ:これも私、好きですよ。
  ベストバランス賞の作品と似ていますが、
  文字のチョイスが氷って。
  そして大きすぎず小さすぎずなサイズ感が、
  作成者のセンスの良さを表しています。

S:氷って、冬の時期に見ると寒くなりますね。
  しかし、デイビッド君の解説が熱いので温かくなるような。

ベストアバンギャルド賞

IMG_4216_R.jpg


デ:これはまたいい作品だ。
  無数の初詣と言う文字。
  初詣に何か思い入れがあるのかもしれません。
  逆になんの思い入れも無いのかも。

S:これはすごい!アバンギャルドですね。

ベストクリーン賞

IMG_4212_R.jpg


デ:綺麗な一枚です。
  半紙のホワイトと、
  墨汁のブラックがくっきりハイコントラストで
  移っています。文字の形もよろし!

S:なるほど。コントラストまで見るか。

とまあ、10種類のアワードが生まれました。
デイビッド君も熱い解説有難う御座います。
彼の選考基準がかなり怪しいですが、
彼も美文字と言う事で一目置かれている人物。
今回のアワードは全て彼にお任せしました。

1484158839397_convert_20170112103833.jpg


彼が白樺ホーム顧問
なんでも解説員デイビッド君です。
(プライバシー保護の為、
若干目の辺りが違う事を予めご了承ください。)
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/794-71f5c737