FC2ブログ
いきなりですが、読者の皆様は何世代でしょうか。
団塊世代、新人類、バブル世代、イチゴ?
世代、氷河期世代、プレッシャー世代、
ゆとり世代、さとり世代うんぬん。。。

実にいろんな世代のネーミングがありますね。 
その世代によって、いろんな特徴があるようですね。

私は、小学生を卒業するくらいにバブルが
はじけてしまい、就職氷河期を経験しているので、
氷河期世代となるのかな。恐竜みたい。

こんにちは。白樺ホーム、氷河期世代のSです。
これ、別に白樺ホームが氷河期という意味じゃないですよ!

私の所属するショートステイには、
実に様々なキャラクターのご利用者様が来られます。
上は100歳近い方から、下は50代の方まで。

先日来られた方は、昭和26年生まれの
65歳だから、調べると、ポスト団塊世代という世代に入るそうです。

この方、ジャズが好きで、
気に入った海外のジャズプレイヤーを
日本に招いて演奏させたり、
車が好きで、ラリーのレースにも出場したり、
私にとってわくわくするような人。
この方のほかにも絵をかくのが趣味だとか、
映画を見るのが趣味な方もいらっしゃいます。

10年くらい前までは、
すべての方というわけではありませんが、
団塊世代より前の世代の方、戦争を経験され、
戦後は趣味うんぬんよりも仕事に精をだし
今に至る方たちが老人施設の
主なご利用者様でした。

それが今では徐々に世代が変わり、
団塊世代、ポスト団塊世代の方たちの
ご利用が多くなっているような気がします。

この方たちは、高度経済成長期を
現役バリバリで経験され、
以前の世代の方たちよりも
ニーズが高い世代でもあります。

そういった方々がショートステイに来られた時、
どうやったら満足して帰って行かれるかな。

その方たちのハイレベルなニーズに
応えられるだけのサービスを私たちは提供できるかどうか。
そこがキモとなってきます。 
ニーズにこたえられるかどうかは、
ご利用者様一人ひとりニーズが違うので、
なかなか難しいかもしれません。
しかし、その方とお話しをすることは
どのスタッフでもできます。

そして、より深いお話ができるためには、
様々な経験、知識を持っていることを求められます。 

食事介助、排せつ介助、入浴介助は
とても重要な私たちの仕事ですが、
ご利用者様と楽しくお話ができる、
会話のレベルをご利用者様に
合わせられるくらいの
経験値、知識を持っていることも、
これからは私たち
介護職に求められるスキルなのかもしれません。

なんだこりゃ、なんとか会議の資料みたいになっちゃった。



スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/746-2a507213