FC2ブログ
先日、中野の※ブロードウェイに行ってきまして、
まんだ○○というお店に
いらなくなった本とか、レコードを買い取ってもらいました。

まんだ○○というお店は、
漫画をはじめ、
ありとあらゆるマニアックなものを売っているお店で、
まんが好き、いろんなコレクターの中では
知らない人はいないくらい有名なお店です。

買い取りも行っていて、
いろんなものをお客さんが売りに来ていました。

私は数冊の本と、数枚のレコード。
一点一点しっかりと査定してくれるので、
買い取り価格にも納得できます。
私が本を持ち込んだときその前に
100枚以上あろうかというくらいのポスターを
持ち込んだ男がおりました。

大してきれいではないポスターたち。
私にはいらない、無価値なものだな。
と思っていながらも、どれくらいの値段に
なるのかななんて思いながら待っていました。

ポスターの査定が終わったようです。
その価格にビックリ、
「ええ、査定額は全部で16万いくらになります。」だって!
じゅ、十六万とは!
そのポスター男は満足げにお金を受け取って、
そそくさと帰っていきました。

肝心の私の本たちの査定額はと、
「合計で1700円ですね。」と。。。
まあ、なんとかOFFに
持ち込んだらそんなにいかなかったでしょう。

この1700円は帰りの
回転寿司であっという間に消えてなくなりました。

こんにちは。
白樺ホームの中野大好き中野出身のSです。

これまた先日、とてもうれしそうに
私と一緒にたばこを一服してくれる
ご利用者様がいらっしゃいました。

その表情ったら、写真がないのが
悔しいほどうれしそうに、
おいしそうにタバコをくゆらせます。

このご利用者様、最初入所してきたころは
退院された直後だったためか、
食欲ゼロ、活力ゼロ。
ほとんどの時間をお部屋で寝ていました。
何にも食べる気持ちにならず、
まったく元気がありません。

エンシュアリキッドという、ジュースみたいな
経管栄養剤をなんとか飲んで生活していました。
それくらいのレベルから始まったショートステイでの生活。

朝は7時ごろから朝ごはん、10時にお茶飲んで、
お昼ご飯食べて、14時から体操して、15時におやつ、
18時から夜ご飯と、
日中はなるべく起きて活動していただき、
リズムのある生活をしていただきました。

すると、次第に食欲が出てきて、
それで元気が出たのか、
ほかのご利用者様たちともお話するようになり、
さらに職員にも気さくに自ら声をかけてくるようになり、
入所してきた時とは別人のように
元気にいきいきとしてきました。

このご利用者様、以前は喫煙していたようで、
家族の方が、たばこを持ってきてくれました。

私が、たばこにお誘いすると、本当にうれしそうに、
ありがとうありがとうとおっしゃり、
子供みたいに無邪気な笑顔でたばこを吸われました。

今は退所され、もういませんが、退所される日は、
みんなと別れるのがさみしくて涙も流されたご利用者様。

しっかり食べてしっかり出して
しっかり運動し、楽しく笑う。

ただそれだけだけど、規則正しい生活は
人間にはとても大切なことなんだなあ。

とその方の笑顔をみて感じました。


※http://www.nbw.jp/index.html
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/709-a8a88a93