FC2ブログ
初めまして。白樺ホームのKMです。

白樺ホームに入職して4年目、リーダーになってから、3年目になりまして、ユニットの皆をまとめる事の難しさをひしひしと感じる今日この頃です。

ところで、本屋さんで一冊の本に出合いました。
その本を紹介します。
私が紹介する本は「孤独である為のレッスンです。」の本です。


孤独とは、世間では、引きこもりや孤独死等、マスメディアを通じて、悪いイメージに捉われがちですが、自分自身に問いかけ、向き合って、真剣に考える事で、自分自身を相手と比較したり、評価し続ける事は無くなるというのです。
一人でいる事の出来る人間はとても柔軟であり、自由で、他人の視線を気にする事は無いと説いています。

以前、JRのコマーシャルで「何もしないをしよう。自分に戻る列車の旅。のんびり小町。」といったキャッチコピーがありました。
面白いキャッチコピーですね。私はまだ、この本を読んでいる途中ですが、興味深い内容になっています。

景色を見ながら、ドライブしたり、絵を描いたりする等の趣味を生かしながら、1人になる時間を作り、孤独を楽しんで、自分と向き合いたいと思います。

そして、ユニットをまとめる自分自身としては、ご利用者様と接している時には常に笑顔でいる事で、よい人間関係を作っていきます。
また、ご利用者様が訴えや悩みを抱えている時には職員がご利用者様の気持ちを汲み取り、真摯な気持ちで対応していける様なユニットを目指していきます。


IMGP3811_R.jpg
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/582-d265f152