FC2ブログ
こんにちわ、職員Yです。

今日は、在宅部門の取り組みである、「施設内歩行」についてお話しさせて頂きます。

そもそも「施設内歩行」は、昨年の夏、ゲリラ豪雨や気温の上昇等から、「安心して外を散歩する事が出来ない。」というご利用者様のお声から生まれました。

内容は、施設内の廊下(1周65メートル)を、ご利用者様自身に周回数を決めて頂き、音楽に合わせて他のご利用者様と一緒に歩行して頂くというものでした・・・今までは。

ある日、理学療法士K、作業療法士I、職員Yで、ご利用者様の身体機能が良くなる方法について話し合いを行いました。そして、「施設内歩行のバージョンアップを図る。」という結論になり、本日バージョンアップを行いました。

バージョンアップの内容は、下の写真の様な障害物を設置しました。

        DSCN3127_convert_20140220185929.jpg

        DSCN3128_convert_20140220190125.jpg

        DSCN3123_convert_20140220190051.jpg

        DSCN3130_convert_20140220190308.jpg


これにより、「よける」「跨ぐ」「注意する」「考える」等、日常生活を想定した歩行訓練「応用歩行訓練」を導入しました。

        DSCN3138_convert_20140220191345.jpg

        DSCN3145_convert_20140220191255.jpg

        DSCN3134_convert_20140220191125.jpg

        DSCN3141_convert_20140220191453.jpg

        DSCN3136_convert_20140220191729.jpg

いつもとは違う雰囲気や環境でしたが、ご利用者様の笑顔や真剣な表情を多く拝見することが出来ました。しかし、課題も見つかりました。

その為、今回見つかった課題を修正しながら、今後も「応用歩行訓練」を継続して行いたいと思います。

また、今後も新たな取り組みを考え、実践し、ご利用者様やご家族様に喜んで頂けるサービスの提供を目指したいと思います。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/315-32985b30