FC2ブログ
こんにちは。白樺ホーム職員のです。

関東地方も木枯らし第一号が吹いたこの頃。

どんどん冬に向かっておりますね。

そこで、マイカーを先日スタッドレスタイヤに交換しまして。

最近は毎年一回は関東地方でも
雪が降るようになったし、
今年の大雪は大変でしたからね。

そして、今年の冬は、
東北に行く機会も増えそうなのでということで、

ビンボーな私も一念発起して、
なるべく安いのを探してきたわけですよ。

まずはネットで結構安いと評判の〇〇トコ。

まずは値段を聞くためにTEL。

「えー、一本27000円ですね。
そこから、ミシュランのクーポンで4000円引きになります。」と。

(何?一本27000円だと??そしたら軽く10万円を超えるではないか。。)

「ち、ちょっと検討します。」と受話器を置く。

スタッドレスってそんなにすんの??

同じユニットのスイカ男(夏のスイカ割企画に登場したタフガイね。)
に聞いてみることにしよう。

「そうですねえ。それくらいはしょうがないんじゃないですかねえ。
俺のもそれくらいはしましたよ。俺はちなみに金がなくて一年中それですがね。」と。

いやいや、でももうちょい安いのがあるはず。
アジア各国製の3000円とかのやつじゃなくて、ほどほどのが。

翌日の休みにいろいろと回ってみました。

A社、いかにもスポーツカーに乗ってそうなタイプ。「
え、前後のタイヤの大きさが違うんですか。
そうすると、不恰好に見えちゃいませんか。」との発言。

私の車は後ろのタイヤを大きくして、
さらに前だけローダウンさせていて、
ドラッギーなスタイルを貫いている。
そのスタイルを不恰好と。その時点で、ここはアウト。
値段は7万円くらいでよかったが、彼の一言と、態度でNG。

B車、いかにもデカイミニバンに乗ってそうなタイプ。
つなぎも来てないし、手も汚れていない。
タイヤのサイズを言うと、「ああ、そのサイズはないですね。」
と私の目も見ずに返答。雰囲気、態度、サイズなしで、5分で終了。

C車、いかにもフィットとか、ビッツに乗ってそうなタイプ。
この人は丁寧に、適合表や、パソコンを見ながら
「スー、そうですねえ。これで履けなくはないですね。
スー、ここのはホイールもセットの価格なんですよ。
スー、セットじゃないとなると、取り寄せになってしまうんです―。」
スースー言いながらも丁寧。
値段もホイール付きで8万弱。
しかし、ホイールが一般的過ぎてなあ。
次でなければここにしよう。とお店を後にする。

3軒回ったけど、どうしようかな。
C社で決めようか。
いやいや、確かこの先にタイヤ屋さんがあったはずだ。と、
4軒目。

D社。店内に入ると、だれもお店のヒトがいない。
しばらくすると、奥の方から、タオルで手を拭きながら
いかにも車好きそうなつなぎ姿のニーちゃんが出てきた。
「すいませーん、ちょっと作業してて。何かお探しでしょうか。」と。
なかなか印象のいい人でした。希望のタイヤのサイズを言うと、
「ありますよ。本当は同じサイズのセット価格なんすけど、
まあ、なんとかなるでしょう。」と、
セット売りのタイヤをばらして2本ずつ売ってくれるとのこと。
しかも工賃込みで6万円ちょい。
ここにお願いしました。
ホイールとのマッチングとかもちゃんと計算してくれたり。
最初からここにすればよかった。

最終的に値段も安く、しかも〇ザック!なんか転がりもスムーズな感じ。ただ、もし、値段がもっと高くても、私はD社でお願いしていたでしょうね。

年のせいなのかな。高い買い物するとき、値段もそうだけど、お客に対する接し方がそれ以上にお店を決めるウェイトを占めています。少しほかのお店より高い値段でもいいお店、いい店員さんから買いたいと思ってしまう。

みなさんはどうでしょうね。

つい長文になってしまった。。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://8850.blog.fc2.com/tb.php/242-dc878f27