FC2ブログ
今日、娘の通う保育園へ
娘を迎えに行きました。
ちょっと早いお迎えだったので、
大人は先生のほか、私だけ。

娘が私に気づき、こっちに走ってきます。
父親を実感するひと時。

それに気が付いたオトモダチ達もなぜだか、
私のもとへ。半ば、混乱。。

混乱してる間に、
私のジーパンを下ろそうとして来るやつや、
一気に私の体によじ登って、
髪の毛、ひげを弄繰り回すやつ。
かんちょーしてくるやつ、
股間を蹴ってくるやつ。
しかも泥だらけの手でね!

これから夜勤だというのに、
遠慮という言葉が頭にないキッズ5,6名に
手加減なし、容赦全くなしの洗礼を受けました。

私の娘はそんなもみ合っている
私たちから少し離れて、私を眺めているという。

この思いっきり感がすごい!
みんな泥まみれになって遊んでます。
最近こういう保育園って少ないそうです。
でも私は、洋服が汚れるから泥んこ遊びはさせずに、
読み書き数字の勉強ばかりするところよりも
がっつり泥んこ遊びをして、
フィールドを思いっきり駆け巡ることができるところで、
遊びも自分たちで考えて行えるような
ところのほうが、頭でっかちにならず、
いいかなと思います。

と何の悪気もない純粋な瞳を持ったキッズに
髪の毛をひっっぱられながら、
一瞬でそう思いました。。

こんにちは白樺ホーム職員のSです。

この間、介護職に対するイメージの
お話をしましたが、その続きを少し。

介護職は、現場で何をするか。
食事の介助、ベッドへの移乗介助、
おむつを交換する等の排せつ介助、
入浴の介助。。。

いろいろサポートの必要な方の
お手伝いをすることが介護のお仕事の代表格。

ただ、それだけを白樺ホームの現場職員が
やっているってわけでもありません。

ご利用者様のお話を聞くのも、
ご利用者様とお話しすることなんかも
とても大切な仕事です。

単にご利用者様とおしゃべりするだけでも
ご利用者様にとっては、いい刺激となって、
プラスになる。
だから、これも立派な仕事といえます。

一緒になって、体操やったり、
ゲームしたり、歌うたったり、要は、
ご利用者様にプラスになるようなことは、
すべて立派な仕事となりますね。

ご利用者様って、うやうやしく呼んでいますが、
ご利用者様も、私たちと同じ人間。
世代は違いますが、どうしたら、喜ぶのか、
どうされたら起こるのか、
ってのは私たちとほとんど変わらないと思います。

だから、自分がされてうれしいことをして、
自分がされたら嫌なことはしません。

白樺ホームでは、
大きなイベントが年4回あります。
そのイベントの装飾や、余興は、
よくありがちな、幼稚園みたいな雰囲気にはしません。

私がもっと年を取って、入った老人施設で
そういう幼稚な雰囲気で、童謡なんか歌われたって、
全然喜べないのと同じ。
やっぱり、大人が喜ぶようなアダルトな
演出がいいですよね。

そういうのを考えるのも仕事の一つ。

介護職って、ご利用者様相手、
人間相手の仕事だから、
今までの自分のいろんな経験や、
スキルを生かすことができる仕事です。

本当、多岐にわたります。
私はウクレレで、ご利用者様と一緒に歌うアクをよくやりますが、
ご利用者様が案外ノリノリで歌ってくれます。

数年前、夏に雰囲気だけで、
買ったウクレレがこんなところで役に立つとは
思ってもいませんでした。

だから皆さんも、私なんかより
ずっといろんな経験や
、いろんな物事にたけているんだから、
それを介護の仕事に生かさない手はないんですぜ!

固定観念にとらわれず、
一歩踏み出してやってみると、
案外成功することだってたくさんありますよ!

チョイ真面目でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



我が家には
それは小さな小さな芝生の
スペースがありまして、
4月に入り少しずつ、青くなってきました。
本当は芝が青くなる前に
サッチ(芝刈りをしたときに出る芝のかす)や
雑草を除去しなけりゃならんのですが、
この間、いまさらながらにサッチと、
雑草を除去しました。

熊手でコチョコチョと芝をひっかくと、
出るわ出るわこのサッチが!

小さな芝生スペース全体をコチョコチョしたら
45リットルのゴミ袋一袋くらいというのは大げさだけど、
ゴミ袋の3分の2くらいは取れました。

そしてこれまた厄介なのがいつの間に
こんなに生えたんだろうという雑草たち。
特にスギナという雑草が厄介で
、根っこまで引き抜くのがとても難しく、
普通に引っ張ると、ぶちぶち茎の部分で切れちゃう。
そうすると、またすぐに成長してしまうというしぶといやつ。

ほぼ一日芝生のサッチ取り、
草むしりをして、心なしかさっぱりした感じの芝生。
これで、5月くらいには青々とした芝生に
成長することでしょう。

その反面、私の体(特に腰。。)はがたがたです。

これからどんどん暖かくなって、
芝生や、観葉植物、もちろんアボガド兄弟たちも
元気に成長することでしょう。

そうそう。アボカド兄弟たちに名前を付けてみました。
長男は茂晴、次男は実、長女はれいな、次女は美歩と
名付けました。しっかりと育てよ!

今日も茂晴たちの水を取り替え、
激を飛ばしてきた白樺ホーム職員のSです。 
いつも前置きが長い。。

フィリピンからの留学生が
白樺ホームにやってきて、
2週間が過ぎました。
たぶん、日本での生活にもだんだん慣れてきて、
白樺ホームでの業務も少しずつ覚えて来てるだろうけど、
本当のところどうなのかな?
と思ったので、3人に直接聞いてみました。

「みんな2週間が過ぎたけど、どう?
なんか困ってることあるかね?」と聞いてみると、

「もう、家に帰りたいです!」と悲しそうな
表情を浮かべて一人が口を開きました。

フムフム、やっぱりな。そうだね、帰りたいんだ。
なんて思ってたところ、
笑顔で「冗談ですよ。信じましたか?」と。。

なるほど。彼女たち、
冗談を言えるほどになったかと感心しました。

そのあとも、冗談交じりにあーだこーだおしゃべり。
だいぶ慣れてきたなあと感じました。

最後に日本に来て、さらに白樺ホームに来て
よかったかどうか聞いてみたところ、
「最初日本に来る前に両親や友達に
日本に行って日本語を勉強しながら、
介護の仕事をすると言ったら、
介護って大変だよ!ってみんなから言われました。
私も大変な仕事だと覚悟してきました。
でもそれは単なるイメージだった。
実際は大変なこと以外にも楽しいこともあるし、
ここに来てよかったです。」と。

そうなんですね。介護職に対するイメージって、
万国共通なのかも。
もちろん日本でも介護職の経験をしていない人にとっての
介護職へのイメージは「大変な仕事」になってます。

実際はそんなことないんだけどな。
もちろん大変な部分もあるけど、
介護職じゃないほかの仕事だって、
大変な部分があるのと同じようなもんだと思うんだけどね。

まあ、彼女たちが、日本での生活と、
白樺ホームでのお仕事を
楽しんでくれているようなので、
良しとしましょう。

優秀な留学生3人衆。
どんどん日本語を覚えて、
どんどん業務も覚えて、
我が家のアボカド4兄弟と一緒に
成長していってもらいたいもんです。

実(MINORUと読みます)よ、そろそろ
芽が出てきてもいいんじゃないか?
頑張れ実!
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。白樺ホームのNです。

先日、お花見に続き外出第2弾という事で大宮花の丘農林公苑にご利用者様をお連れしました。

011_convert_20160422203906.jpg  025_convert_20160422204013.jpg

苑内には、植木鉢で作った人形等もあり、みなさんとても楽しまれていました。

023_convert_20160422203524.jpg

IMGP4917_convert_20160422204117.jpg

来月は、恒例の釣り企画を行う予定です。前回は、残念な結果だったので、リベンジして来たいと思います。
IMGP0893_convert_20130612015717[1]






このエントリーをはてなブックマークに追加
新年度となり、もう一週間が過ぎました。
私の娘は、保育園へ入園し、
一週間もしないうちに風邪をもらって、
はなたれガールとなりました。

38度以上の熱があったため、
新しい環境の中で、疲れも出たのでしょう。
まあ、ゆっくり寝ていなさい。
ということで保育園を一日お休みしました。

しかし、大人は38度なんて熱があったら、
だるくてかったるくて動くのも億劫なのに、
彼女は熱があっても、元気に家じゅう走り回り、
寝ている父親に全身で、ダイブしてきます。

夜は夜で、元気が有り余っているせいか、
全然寝ないし。。。
まあ、元気なことはいいことですからね。

こんにちは。
タフな娘を持つ白樺ホーム職員のSです。

そう、4月に入り一週間が過ぎ、
白樺ホームにやってきた留学生3人
(一人は少しだけ遅れてやってきました)。
すこーしずつだけど、
だんだん日本に慣れて来ているようです。
日本人の職員とも少しずつ打ち解けて来ているみたいです。

かなり前になりますが、
私がおすすめする映画を
このブログで紹介している時期がありました。
今日は久々におすすめ映画を紹介します。

言わずと知れたジブリ。
その関連施設にジブリ美術館というのが三鷹にありますね。
ジブリ好きはmust goなスポットです。

その美術館の関連で、
三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー
というのがありまして、
「世界の優れたアニメーションを、
ジブリ美術館がセレクトし広く紹介する活動。」
をしています。

そこが紹介した映画の一つが
今回私がおすすめする一本となります。

タイトルは『しわ』
舞台は、白樺ホームと同じような高齢者施設。
そこで生活している高齢者が主人公のアニメ映画です。

細かいことをここで書くと
ネタバレとなってしまうので、
詳しくは書きません。
実際に見ていただけるとわかるかな。

日本のアニメのように、
CGをふんだんに使うことはせず、
どちらかというと平面的なアニメなんだけど、
舞台となる施設や、登場人物(ご利用者様)、
彼らが使っている杖なんかの細かい部分まで、
すごくリアルに作りこまれています。

また、エンディングも、
とらえ方は人それぞれに違うかな。

とても考えさせられる作品でした。

施設の職員だらこそ、
また、高齢者施設に入職を
希望するひとにはぜひとも
見ていただきたい映画です。

娘にトトロを見せようとジブリコーナーに行ったときに
偶然目に留まったこの作品。

ジブリコーナーに行ってよかった。
あいにくトトロは春休み中ということもあり、
全部レンタル中。。


siwaposter_R.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=YN6fq0oKmpw
このエントリーをはてなブックマークに追加
あったかくなってきましたね。
春になると、何か新しいことを始めたくなる季節。
皆さんは何を始めたくなりますか?

私は、アウトドアに音楽、
いろいろ手を伸ばしたいところですが、
今でも手を出しすぎて、
どれも中途半端。
今年は新しいことはせず、
それぞれに深みを出していこうと
もくろんでいます。
先立つあれもないですし。。。

こんにちは。
今年のテーマはKEEPな
白樺ホーム職員のSです。

さて、新しいことを始めたくなる春は
出会いの春でもありますね。

先日4月3日の日曜日、白樺ホームでは
春風祭りという大きなイベントを催しました。

このイベントは、白樺ホームの
アニバーサリーでもあり、新入職員の紹介の場でもあり、
ご家族様も出席していただき、
ご利用者様、ご家族様、そして職員が
親睦を深めるイベントでもあります。

午前中は式典。
理事長や施設長の挨拶、
そして、新人さんの挨拶があります。


IMGP8421_R.jpg
みんな緊張した面持ち。

そりゃそうです。ご利用者様や、
ご家族様の前に立って、
一言挨拶なんて、
めったにない事ですからね。


IMGP8442_R.jpg

IMGP8445_R.jpg

挨拶が終わり、このほっとした表情。

そして、余興として中学生のコーラスが始まります。

IMGP8474_R.jpg

これがまたハイレベルな見せる合唱で、
本物志向というか、
本格的でビックリしちゃった。うまかった!

実はこの式典の最中、
式典の後の食事会となる会場では、
まるで戦場のような忙しさで、
昼食の準備が行われておりまして、
準備をされた方には本当に感謝。

式典から戻られたご利用者様が着席し、
ここから食事会がスタートです。


IMGP8495_R.jpg

さっそく海外から来た学生に興味深々の
ご利用者様が、
臆することなく声をかけます。
彼と、彼女がどのような会話をしていたの
かわかりませんが、
なんだか打ち解けたようです。
そして、記念写真を一枚。


IMGP8497_R.jpg

隣にいるのは奥さんなんだけど、
心なしかジェラシーな感じなのは気のせいでしょう。

さて、白樺ホームでは、
このお食事会に出てくる料理に
すごく、すごく力を入れています。

今回のメニューは
握り寿司 (マグロ・タイ・サーモン)、
炊き合わせ (なす・かぼちゃ・たけのこ・人参)、
初鰹のたたき 、
天ぷら (えび ・たらの芽 ・ ふきのとう)
の松花堂弁当からの、養老羹 、
いわしのつみれ汁、 げんこつ酢豚、
新じゃがと空豆のマカロニグラタン、
手作りロールキャベツ、
デザート盛り合わせと続きます。

試食会を行って、
何度もスクラップアンドビルドを
繰り返したコースメニュー。
これも本格派。本物志向です。
残念ながら、私もウェーターとして
ちょこまかしていたので、
写真を撮りそこなってしまいました。

食事会では、ご利用者様とご家族様、
ご利用者様同士、ご家族様同士
お話に花が咲き、あっという間の2時間。

今年の春風祭りは終了。
このイベントに携わった
すべての職員さん、お疲れ様でした。

ご利用者様は、当たり前だけど、
高齢の方。
また来年も参加できるかどうかは誰もわかりません。
だからこそ、大きなイベントは料理同様、
準備にすごく労力を使います。

でも、その分、ご利用者様たちが
喜んでくれます。
笑顔で、笑って、喜んでくれると、
私たちは努力したかいがあるってもんですね。

次の大きなイベントは夏祭り。
これがまた楽しいけど大変なんだな!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
サクラはあっという間に咲き、
あっという間に散っていきますね。
この潔さが好きだという方も多いのでは? 

私の育てているアボカドは、潔
さもなんもあったもんじゃない。
ゆったりのんびり育っています。
このゆったりのんびりが好きだ
という方にはアボカドはおすすめです。

こんにちは。桜も、アボカドも両方好きな
白樺ホーム職員のSです。

さて、この間、マイアボカド長男が発芽し、
ちょこっと葉っぱが見えてきた
ところまで行きましたが、その続き。


KIMG0320_R_201604090138082e9.jpg

よーく見ると、葉っぱが大きくなってる!

KIMG0322_R_20160409013805d5e.jpg

ほらね!

さらにアボカド次男は根っこが伸びて、
さらに2本根っこが生えてきました。
長男は根っこが1本だけだから、
次男のほうが大きくなるのかしら?

三女、四女は今のところ変化なし。
まあ、これから根っこが出てくるでしょう。
気長に待つとしましょう。

KIMG0319_R_2016040901380615b.jpg


アボカドのほかにミント三兄弟とサボテン、
シルクジャスミンが鎮座する窓辺。。

これからの成長が楽しみです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。白樺ホームのNです。

先日、つつじヶ丘公園にご利用者様とお花見に行って来ました。

つつじヶ丘公園と言っても群馬の館林市ではなく、さいたま市のつつじヶ丘公園です。

IMGP4886_convert_20160408101538.jpg

今回の外出はお花見という事もあり、普段外出に消極的なご利用者様にも参加して頂くことが出来ました。

IMGP4894_convert_20160408102707.jpg
IMG_3632_convert_20160408102525.jpg
IMG_3571_convert_20160408102455.jpg

これからどんどん暖かくなって来るので、ご利用者様と外に出かける機会を沢山作って行けたらと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
私が22歳だったころ、
どうしてもアメリカに行きたくて、
大学を卒業して昼も夜もバイトに明け暮れて、
お金を貯めて、一年後に
渡米を果たすことができました。

当時からひねくれ者の私は、
ロスとか、ニューヨークではなく
オクラホマ州はタルサという街を滞在先に決定。

そこではスパニッシュから、アフリカン、
アジアン、ヨーロピアン、ロシアン、アラビックと
様々な国の人たちと知り合いになり、
少しだけ、英語も話せるように。。。。

あれから十数年。。
今、白樺ホームという、老人福祉施設で、
英語とはほとんど無縁の職場で勤務。
ここに来るまでの会社も英語とは無関係。
ということで、英語なんてとっくのとおり忘れました。

私が22の頃は現在の自分なんて
想像だにしていなかったろうな。
結婚して、子供がいて、ウクレレ弾きながら、
アボカドを栽培している自分なんて。。

人生いろいろ。

人生って面白いもんだなとつくづく思う、
白樺ホームのSです。


このたび4月から数名の
フィリピン人の留学生が、
白樺ホーム、キャンベルホームに
パートとして迎え入れることになっていました。

物好きな私は、ぜひ
羽田まで彼らを迎えに行きたいと志願し、
この間羽田まで行ってきました。

14時過ぎには入国手続きが終わり、
彼らと会えるだろうとのことで、
お昼前くらいに羽田に到着。
ランチを済ませて、カフェで一服中、
何やら彼らの便が遅れるとのこと。 

到着が17時過ぎになってる。。
半日羽田で待ち続け、
結局18時過ぎにようやっと彼らと出会えました。

自己紹介もそこそこに
とりあえず空港を後にします。
彼らも、私たちも夕食がまだだったので、
地元埼玉まで戻って、
和食のファミレスへ。

和食ファミレスを出たのが21時過ぎ。
こっから彼女たちの今後の住居となるアパートに案内し、
ようやっと解散です。

さて、アパートに到着。
アパートと行ってもトラディショナルな団地。
さらに5階。。。
彼女たちの荷物はなんていったって
1年以上の滞在に備えた超ヘビー級。

それを担いで5階へ。5階ね。

運んだのはアラフォー二人。 
荷物を運び終わった時点で、
私たちは、ぜーぜー肩で息をしていたのは
簡単に想像ができます。

一通り、アパートの設備の説明を終えて、
さて解散しようかというタイミングで、
ここはwi-Fiできるのか?との質問が。

もちろんトラディショナルなこの団地。。
Free Wi-Fiなんたるもんはございません。 
「ないんだよねえ。じゃあ。」と言って
帰ることもできましたが、
彼女らは、まだ電話も携帯もない。

唯一の連絡手段はインターネット環境しかないんです。 
家族や友達に、無事に到着しましたよ!
って連絡も私たちがここで帰ってしまったらできない。 
白樺ホームならネット環境はOK。
ということで、白樺ホームに向かいました。

時間はすでに22時を。。。
しかし、翌日の春風まつりの準備もあって、
結構な職員が残ってました。 
そ、そうですよ。明日は春風まつりなんだ。。
と思いながら、フェイスブックへのログインを手伝いました。
 
今日来日した彼らはこれから1年以上、
日本に滞在し日本語をしっかりと学び、
その傍ら、ここで仕事をしていきます。

家族や、友人、もしかしたら恋人と別れ、
遠い日本にやってきました。

言葉も、文化も全然違う日本に
飛び込んできた彼らはどんな気分で、
飛行機に乗って私たちに会って、
どんな気分でフェイスブックでメッセージを送り、
最初の夜を過ごしたんでしょう。 

十数年前、私も似たような経験をしたので、
何となく、彼らの気持ちがわからなくもありません。 
きる限り彼らに協力していきたいですね。

そして、彼らだけじゃなくて、
私たちも、留学生を受け入れてよかったと
来年あたり、思えていれば最高です!

さて、翌日は春風まつり。。と。

KIMG0314_R.jpg
そうそう。これがやりたいがために。 この方はキャンベルホームの方です。

KIMG0318_R.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加