オリンピック開催中、ユニット内のテレビでも、
いつもなんかしらの種目をやってるような気がします。

オリンピックに出る人たちのメンタルってたぶん、
ものすごく強いんでしょうね。
期待というプレッシャーも相当なはず。
そんなプレッシャーを逆に味方につけて、
勝利へと導くアスリートたちは、
プレッシャー、本番にめっぽうヨワイ私は本当に尊敬します。

こんにちは。
白樺ホーム職員スノーボード歴たった1回のSです。

先日、いつものアク←私がウクレレを伴奏し、
ご利用者様+私で歌を歌うっていうやつです。
をやりました。

最近では、歌う前に軽く体操して、
体をほぐしてからやったりしています。

所要時間1時間くらいやっています。
ご利用者様の一人に、歌は好きなんだけど、
体調面やトイレを気にされて、
ほとんど参加されなかった方がいました。

去年の9月からアクを初めて。一回参加されたかな?
でも疲れちゃって、途中でお部屋に戻ってしまいました。

去年の年末に、ご本人様とお話をして、
「来年は、皆さんと一緒に少しずつでいいから
歌のアクに参加できるようにしていきましょう。」と
目標を立てました。

先日のアクにはその方も参加されて、
1時間、体操と、歌にお付き合いいただけました。

アクが終わった後、
ご本人様に声をかけ「お疲れ様でした。
よく頑張りましたね。最初から最後まで参加して、
とりあえずは目標達成ですよ!
これからもよろしくお願いします!」と
お話しすると、その方、なんと感極まって涙流され、
私にお礼を仰りました。

たかが1時間、されど1時間です。
彼女にとっての1時間ってのは、
大変な1時間だったかもしれません。
それとも歌に夢中で、あっという間の1時間だったかも。

どちらにせよ、1時間頑張れた。
実はその方、1時間頑張れるだけの体力は
以前からあると思います。
ただモチベーションが少し足りてなかった。
目標を私と二人で決めて、
それがモチベーションを
彼女から引き出したんだと思います。

やる気、モチベーション、ポジティブな気持ち、
そういったメンタルな部分って、本当に大切です。

これは、老若男女関係ないですね。

このご利用者様のメンタル(ちょいとマイナス思考なんだなあ。)を
フォローして行くことだって、介護のお仕事の一つですね。

まあ、ひとまず目標達成!
次の目標は、毎回無理なくアクに参加してもらうことかなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
始まりましたね。冬季オリンピック。
君が代が流れるのを期待しながら、
日本人選手が出ている試合はついつい見てしまいます。

そこでやってみました。
いつもの歌のアクティビティで、国家斉唱!
当然皆さん知っていて、浪々と歌われました。
しかし、コードチェンジが大変で、
私はもっと練習が必要ですね。

こんにちは。
白樺ホーム職員、運動音痴のSです。

高齢者施設のフロアのテーブルにある
インテリアの一つとして定番なのが、
チラシで作ったくずかご。

ちょっと鼻かんだり、口拭いたりして
使ったティッシュをポイってすぐ処分できます。

たまったら、くずかごごと捨てて
、新しいものを用意すればそれでOK。
(私の担当するユニットのご利用者様は、
わざわざそれをごみ箱まで持って行って、
中身だけ捨てるパターンも結構ありますが。)

そろそろ、そのくずかごの在庫が少なくなってきたので、
皆さんで一緒に作ってもらいました。

手工芸好きの一人のご利用者様が
おり方を知っていたので、
その型にレクチャーしていただき、
私も一緒にくずかごづくりワークショップに参加しました。

IMG_6976_R.jpg

IMG_6977_R_20180212232333d1d.jpg

IMG_6980_R.jpg

IMG_6983_R.jpg


あーだこーだ言いながら
初めはなかなか形になりません。
しかし、何回か失敗しながらあきらめずに作っていくと、
一つでき、二つでき、結構な量が出来ました。
これで何か月かは持つかなあ。

紙を折る事って、
丁寧に折ろうとする気持ちが指先に伝わり、
とてもよいリハビリになるんですね。
それに一生懸命やって一つの作品(今回はくずかごだけど。)
ができた経験は成功体験となり、
達成感といくらかの刺激が脳に伝わるし。

今後もいろんなものを作ってもらいましょう。

IMG_6987 - コピー_R
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。広報班:Kです!

ちょうど先週ですが、2月3日(土)に
節分企画を行いました。

鬼はベテランのデイサービス職員のKさんと
今年初参戦のHさん!

oni.jpg
マスクとメガネ姿で
今年は謎めいた鬼に盛り上げてもらいました。

@po.jpg

鬼役の2人は
きっと、衣装を着たらスイッチが入ったのでしょう・・・
普段の業務中には見せない顔になり
普段しない動きで盛り上げてくれました!!
終わりの頃にはヘトヘトでしたけどね(笑)

けど、楽しんでいただく精神は素晴らしかった!!

「何でやるのか?」
その答えを見ることが出来た気がします。

やっぱり、やるなら楽しく!楽しんでいただく!

それが大切なんです。

さぁ、もうすぐバレンタインデー。
世の男性が1日そわそわする日。
デイサービスでは企画を予定しています。
その模様もお伝えできたらと思います!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、娘から言葉の意味を
聞かれることが多々あります。
なんでも知ってる父親ぶりたいもんで、
必死に子供にも分かりやすい言葉で、
何とか説明しています。

しかし、これがなかなか難しい。
テーブルとか、ノートとか、
物の説明はイメージしやすく
説明が比較的簡単にできますが、
この間、「ねえねえ、自信って何?」と訪ねてきました。

そう来ましたか、えー、自信ね。自信自信。
その言葉はもちろん知ってる。何となく意味も知ってるよ。
どうやって説明しようかしばらく考えたあと、
「自分の持ってる力を信じることさ。」と何とか説明できました。

ついでに日本語には同じ発音でも
いろんな意味があることも教えました。地震とかね。
ホッと胸をなでおろしたそのあとで、
極め付けのクエスチョンが!

「ねえねえ、人生って何?」。来た来た壮大なテーマ。
40を過ぎた私にすら答えを見いだせないのに、
4歳児にどうしてわかりやすく説明出来るでしょう。。。

彼女の問いかけに残念ながら
答えることができませんでした。
我が娘、恐るべし。。

こんにちは。
日々人生について考えてもいない白樺ホーム職員のSです。

白樺ホームでは、
生け花クラブとか、お料理クラブとか、
月に数回、希望者を募って、
ご利用者様にいろんな体験を
していただいています。

今回の生け花クラブは私が担当。
ご利用者様を会場にご案内して、
お花をご利用者様のセンスに任せて
カットしたり、いろんな角度でお花を生けて頂きます。

生け花一つにしても
それぞれ性格が出ますね。
ささっと仕上げちゃう方、
じっくりバランス見ながらゆっくり仕上げる方。
でも皆さん完成した作品を見て
喜んでいらっしゃいました。

IMG_6909_R.jpg

IMG_6925_R.jpg
男性のご利用者様で、
「こういうことはほとんどやったことがないからなあ。」と
どうやっていいか戸惑っていた方がいましたが、
近くで作品を完成させた女性のご利用者様が
サポートに入ったりして、なかなかいい感じの
雰囲気な方たちも。

IMG_6952_R.jpg


出来上がった作品はそれぞれのユニットに
配ってユニットに飾ってもらいました。

さて、来月は書道クラブの担当ですので、
ご利用者様の真剣な表情をまた
垣間見れることでしょう。

今から楽しみです。

Life is better with you :-)
このエントリーをはてなブックマークに追加
キッズ、特に2歳から5歳くらいまでかな、
彼らにとって鬼という存在は
かなり恐怖なようです。

先日、娘の通う保育園でも
節分にちなんで鬼が登場したそうです。

怖がりな娘はもちろんの事、
園児の80%が泣くという、
壮絶な節分企画だったそうな。

先生も気合入れてたんでしょうね! 
娘はその話を私にしてる最中にも、
その恐怖を思い出してしまい、
また泣き出しました
(どんだけ怖かったんだろうか)。

思いだし笑いならぬ、思い出し泣き(そんなのあるのかね)。。

そんな娘は2年前、
白樺ホーム名物男がふんする鬼の恐怖におののき、
それ以来白樺ホームに遊びに行くのを
非常に嫌がるようになりました。。
鬼ってインパクトあるんですなあ。

こんにちは。仕事の鬼(でもない)白樺ホーム職員のSです。

さて、白樺ホームでもご多分に漏れず、
2月3日は節分という事で、
鬼退治イベントを実施。

1517687187924_R.jpg
風呂場で何やってるんだ!ナースシューズは履くのか。

鬼役はかれこれ5年はやってる
独身サービス男FJ氏、ルーキーのA氏。

今回は鬼にボールをぶつけるものから、
鬼が背負った籠にボールを入れていくという
ソフトな内容となりました。

128_R.jpg

152_R.jpg

147_R_201802040456070de.jpg

皆さん、この笑顔! 
ご利用者様はキッズに比べ、
そりゃ何十倍も経験があるだけに、
恐怖を感じる方はいなかったようですね。

157_R.jpg


ご利用者様も、鬼もほらね。
こんなに笑顔。

お疲れさんでした!サービス男FJ、とAさん!
帰ったらセイキマツ聴こう。
このエントリーをはてなブックマークに追加